活動報告

日本臨床歯科医学会広島支部(広島SJCD) 活動報告

11月23日広島SJCD公開例会 in 倉敷報告

 11月23日日曜日で勤労感謝の日に、会員とほぼ同数の会員外の徴収を得て、恒例となった倉敷公開例会が開催されました。

 今回は、東京SJCD理事の瀬戸 延泰 先生に「より精密で質の高い修復治療を目指して〜支台歯形成〜」の演題で、CAD/CAMの時代になっても変わらない支台歯形成の原則を尊守することの重要性について熱く語っていただきました。瀬戸先生のお立場から、術者にしかできない手技の重要性をお話しいただき、後を追って修練する者として、あらためて襟を正し明日からの診療に臨む決意をしました。

 引き続き、Ray Dental Labor(京都市)の都築 優治 先生に「Biological Esthetic by gingival framework design 〜審美修復における歯周組織への配慮〜」の演題で、骨組織&軟組織を含めた審美修復における歯科補綴物の製作対応について詳しく解説していただきました。これまで多くの歯科技工サイドからのご講演を拝聴してきましたが、審査診断を含めた、いかに早い段階からクリニカルサイドと連携するのか、といった観点からの講演は初めてでした。これも、都築先生が、コマーシャルラボには一度も勤務したことがなく、患者がすぐ近くにいる院内ラボでそのキャリアを積み上げてきたことにありました。補綴物制作サイドから審査診断の大切さを再認識させていただきました。

 

 

<今回の展示参加業者様(50音順)>
相田化学工業(株)
シロナデンタルシステムズ(株)
(株)GENOVA
ストローマン・ジャパン(株)
(株)スマートプラクティスジャパン
デンツプライ三金(株)
ノーベル・バイオケア・ジャパン(株)
(株)フリーセル
(株)モリタ

※過去の活動報告についてはこちらをご覧ください。

※今後の活動情報についてはこちらをご覧ください。